注目キーワード
  1. 就職偏差値ランキング

【アフターコロナ】外食・飲食業界で優良企業・ホワイト企業を見分ける方法を解説!!

【アフターコロナ】外食・飲食業界で優良企業・ホワイト企業を見分ける方法を解説!!

外食・飲食業界に興味を持ち、働いてみたいと思う人は多いと思う!!

一方、長時間労働、体力勝負、サービス残業というイメージも強く、就職・転職に躊躇する人も多い。

事実、全産業の平均離職率が32.2%なのに対し、飲食サービス業の離職率は50.2%と平均値を上回る数値も報告されている。

管理人
ただし、国内の飲食店は約70万店もあり、他業界と比較してもピンキリなのがこの業界の特徴!!

法令順守に疎い個人経営の店もあれば、きっちりと法令順守されている優良企業・ホワイト企業まで実に様々だ!!

外食・飲食業界に転職を考える際のネックとして「何が真実か分からない」「本当に知りたい情報が手に入らない」ということがあげられる。

それは業界内に存在する会社の数が、めちゃくちゃ多いのと、積極的な情報開示をしていないことが主な理由。

管理人
つまり優良企業・ホワイト企業の多くが、大量の情報や求人の中に埋もれているのだ!!

逆に言うと、きちんと優良企業・ホワイト企業を見分けることができれば、他の業界よりも有利に転職活動を進めることができる。

この記事では、外食・飲食業界において優良企業・ホワイト企業を見分けるポイントをお伝えするので、是非とも転職活動の参考にしてほしい。

管理人
ただし、ひとつだけ注意点がある!!

完璧な条件を求めようとしないこと!!

どこかで妥協は必要だし、逆に自分の中で譲れない点はどこなのか!?自分の価値観を優先順位付けしておくことが重要になる。

それでは、優良企業・ホワイト企業の見分け方をひとつづつ解説していこう!!

外食業界に特化した転職支援

外食・飲食業界で優良企業・ホワイト企業を見分け・就職するには個人の力では限界がある。

優良企業・ホワイト企業に転職したい人は、外食業界転職支援カテゴリNo.1の以下のサービスをお勧めする。

※クリックで公式HPにいけます。

飲食業界の転職はフーズラボ・エージェント

選考に通りやすい履歴書や職務経歴書の書き方や添削、また各企業に合わせて面接の対策や内定が出た後のお給料交渉、入社までの調整も間に入って行ってもらえるので、忙しい方でも手間なくスムーズに転職活動を進められるのが特徴。

外食・飲食業界に向いている人

優良企業・ホワイト企業を見分ける際に重要なことは、給与、勤務時間、休日など労働条件もあるが、何より重要なことは、あなた自身が外食・飲食業界に適性ややりがいを見出せるかということである。

極論、適正ややりがいがマッチしていないと、どんなによい企業であっても、あなた自身にとって優良企業・ホワイト企業にはならないので注意をしてほしい。

管理人
外食・飲食業界に向いている人の要素を挙げればきりがないが、特に重要なのが以下の4要素!!

ただし、以下に挙げた条件を全て完璧に満たす人は、正直かなりのレアケース!!

※1つでも当てはまるようなら、飲食・外食業界の資質としては十分。

①デスクワークよりも接客業が好きな人

事務員のように、朝から晩まで机に座ってパソコン作業をする訳ではない。

サービス業としてお客様にホスピタリティー精神を持って仕事ができることが大切。

当然、立ち作業や、体を使った労働にもなるので、体力も大事な要素にになる。

②経営志向・主体性がある人

正社員の場合は、将来的には店長であったり、何店舗も統括するスーパーバイザーになる可能性があるので、経営志向は重要。

単に、足元の仕事を回すだけではなく、売上、原価、人件費、利益率などを管理していかないと店が潰れてしまう。

店ごとに事情は異なるが、課題や改善点を見つけ、主体的に行動できることが重要である。

誰かの指示を待つのではなく、自分で主体性を持って仕事をすることが楽しいと思えることは大事な要素である。

③コミュニケーション能力のある人

外食・飲食業界で正社員で働く場合は、現場の従業員にも指示をださなければいけないし、トラブルがあった場合は、速やかに対応しないといけない。

メンバーが快適に働けるように、働きやすい職場環境を作るには、コミュニケーション能力が必要である。

④独立志向のある人

全員が独立志向を持つ必要はないが、将来自分のお店を持ちたい場合は、その飲食店で働く経験は全て貴重な財産になる。

自分の人生における「目的意識やキャリアプラン」が明確であればあるほど、日々の仕事を充実した時間にすることができる。

以上を確認したうえで、外食・飲食業界の優良企業・ホワイト企業を見分ける方法をご紹介しようと思う。

1.勤務時間

管理人
勤務時間の長い・短いは良質な労働環境の重要な要素である!!

飲食店では、拘束時間の長い店舗だと14~15時間以になるケースもあるが、いくら仕事が楽しいといっても、いいコンディションで長期間働くことは難しいだろう。

管理人
そこで、可能な限り労働時間の短い飲食店で働くことをお勧めする!!

労働時間の短い職場は、以下のようなところを探していけば見つかりやすい。

労働時間が短い職場

(1)法令順守意識の高い大企業
(2)大学の食堂
(3)民間の社員食堂
(4)閉館時間が早い商業施設内の飲食店

要は、時間が来たら強制的に店を閉めなければならないような店は、それにあわせて働くことになるので、労働時間は短くなる。

閉館時間が早い商業施設内の飲食店については、都心の超一等地の高級店などの方が、待遇面で優遇される場合が多い。

一方で、365日・24時間営業の飲食店は、きちんとシフト制が機能しているか確認しないといけないので、リスクが生じる。

管理人
調理師、栄養士の資格保有者は、更に有利な条件の求人にたどり着ける可能性がある

また「飲食=夜働く」というイメージもあるが、きちんと探せば、普通のサラリーマンのような勤務形態のところもあるので、家族と一緒に時間を過ごしたい人は、諦めずに探してほしい。

年間休日数

土日祝日を合計すると年間に約120日ある。

管理人
この120日という数字はカレンダー通りになるが、可能な限りこれを目安にしよう!!

これに加え、年休がどれだけ取得できるかで、更なる年間休日の上乗せが可能になる。

外食の場合は年間休日が100日前後の所が多い。

先に述べたような、以下のような求人であれば、120日以上担保されているケースも普通にある。

労働時間が短い職場

(1)法令順守意識の高い大企業
(2)大学の食堂
(3)民間の社員食堂
(4)閉館時間が早い商業施設内の飲食店

2.サービス残業

サービス残業については、法令に違反している場合は、明らかに違反行為となるため、経営者は処罰されることになる。

管理人
客待ちの時間、新商品を考える時間、開店までの準備も全て、労働時間にカウントできる!!

このあたりは、法令順守意識の高い大企業は、きちんと守っている可能性は高いが、中には当然ブラック体質な会社もあるので、口コミサイトなどで必ず確認するようにしたい。

個人店の場合、オーナーによる当たり外れが大きい。

面接の際に綺麗ごとだけを並べていないか? 自分自身も経営者を判断するようにしよう。

管理人
面接担当者に聞きにくい場合は、転職エージェントを通じて確認するとスムーズに進めることができる!!

3.年収(給料・賞与)

給与は、一般的に業界経験年数や、保有資格、役職などによって決定するが、相場として年収300万円~400万円の水準が多い。

大手チェーン店になると500万円~600万円、高級ホテル、高級店の中には1000万円を超える求人も普通にあるが、この辺りは冒頭に述べたようにかなり二極化している。

外食・飲食業界に転職をする人によくありがちなのが、友人・知り合いのつてで転職をするというものだが、この選択は必ずしもベストとは限らない。

管理人
転職エージェントを活用し、数ある条件の中から、自分の一番理想とする職場を見つけることが重要!!

4.離職率

冒頭にも述べたが、外食・飲食業界の離職率の平均は50%を超えている。

ただし、大手企業の中には精養軒、ダイナックのように平均勤続年数が20年を超えている会社も普通にある。

当然ながら、平均勤続年数の長い会社は離職率も低いので、面接の際に離職率を聞きづらい場合は、勤続年数を聞くようにしよう。

管理人
離職率が高い、勤続年数が短い場合は労働環境が悪い場合が多いので必ず確認しよう!!

また、年間を通じてずっと求人を出しているような会社も、離職率が高い可能性があるので要注意!!

5.仕事の忙しさ

仕事が忙しい方が、時間が早く過ぎるし、やりがいがあるという人もいれば、なるべく自分のペースでゆったり働ける環境が良いという人もいる。

ここは個々人の価値観による所が大きい!!

一般的に店舗の回転率が高い飲食店は忙しい傾向になるが、何よりも大事なのは店の規模に応じて、適正な従業員数を採用(確保)しているかという点である。

また、従業員はいても、しょっちゅう人が入れ替わるので、新人ばかりで店を回しているケースも忙しくなりがち。

管理人
この辺りは、実際にその店にお昼時、金曜日の夜など時間帯を変えて、行ってみることをお勧めする!!

6.採用のハードル

大量採用をしていたり、1回の面接で即内定という会社は注意した方が良い。

採用する側も、正直忙しいし、人手が足りないので、とにかくすぐに来てほしいというのが本音としてはある。

だが、このような採用の仕方をしている会社は、離職してもまた採用すればよいという所が多く、労働環境が良くないケースが多い。

管理人
面倒でも、丁寧な採用活動(面接の回数が多いなど)をしている会社の方が、真剣に会社や社員のことを考えているといえるだろう

内定を取っておしまいではなく、内定先で気持ちよくやりがいを持って働くことが大事である。

安きに流れることなく、面倒でも採用のハードルがそれなりに高い会社に就職することが重要。

7.店の雰囲気

実際に面接を受ける前や、就職を決める前に必ず、お客さんとしてお店に訪問するようにしよう。

管理人
そこで働く従業員の様子、店の雰囲気など、あなたと相性が合いそうかどうか、肌で感じることは重要だ!!

現場に行くことで、そのお店の課題や、良い所が見つかると思うので、そういう話は面接の場でも役立つはずである。

例えば、トイレが汚れている、定員を呼んでも反応がない等の様子が見られれば、この店の従業員は余裕がないんだなぁなどわかることもある。

現場訪問は、情報の宝庫なので、必ず訪問しておくことをお勧めする。

8.店長・オーナーとの相性

こればかりは、運の要素が大きい。

管理人
外食・飲食業界に限らず、サラリーマンの永遠のテーマである

個人店の場合は、直接面接などでオーナーと話すことができるが、正直面接で100%相性を確認することは難しい。

大企業のチェーン店の場合は、自分が店長として採用される場合は、自由度は高まるが、直属の上司との関係はサラリーマンである以上避けては通れない。

その他の項目にもあるが、体験入店が出来るのであれば、ぜひとも体験入店をさせてもらい、本当に自分と相性があうか確認する方法もある。

優良企業・ホワイト企業に就職する方法

大企業の場合は、口コミサイトなどのネット情報が充実しているので、ある程度の情報は取得できるが、個人店や情報が少ない店に関しては、面接や現場調査を通じて情報を収集することが重要になる。

冒頭にも述べたように、外食・飲食業界は、求人情報が多く、真偽が定かではないような表現も多数みられる。

管理人
あなたには、その嘘が見抜けるだろうか!?

この記事で記載したようなことが、個人で完結できる場合は良いが、失敗したくない人や少しでも有利な条件で転職をしたい人は、是非とも以下の転職支援を活用することをお勧めする

外食業界に特化した転職支援

外食・飲食業界で優良企業・ホワイト企業を見分け・就職するには個人の力では限界がある。

優良企業・ホワイト企業に転職したい人は、外食業界転職支援カテゴリNo.1の以下のサービスをお勧めする。

※クリックで公式HPにいけます。

飲食業界の転職はフーズラボ・エージェント

選考に通りやすい履歴書や職務経歴書の書き方や添削、また各企業に合わせて面接の対策や内定が出た後のお給料交渉、入社までの調整も間に入って行ってもらえるので、忙しい方でも手間なくスムーズに転職活動を進められるのが特徴。

皆さんが希望の職場を見つけ、活躍することを祈る!!

俺の転職活動塾!

【2021年版】外食業界・産業の就職偏差値&年収ランキングを解説するぞ!! 2020年2月中旬から新型コロナウイルスが世…



スポンサーリンク