注目キーワード
  1. 就職偏差値ランキング

【2020年版】外食業界・産業の就職偏差値&年収ランキングを解説するぞ!!

【不況・不景気に強い】外食業界・産業の就職偏差値&年収ランキングを解説するぞ!!

2020年2月中旬から新型コロナウイルスが世界を恐怖に陥れている!!

外出やイベント自粛で外食産業はかなりの痛手を受けているが、逆に配達のデリバリーは好調を見せるなどチャンスもある。

過去、何度も大不況が日本経済を直撃したが、外食業界はしぶとく生き残って来たし、我々の生活には無くてはならない貴重なオアシスだ。

この業界は新規参入が容易なため、新しい会社がどんどんできる。

そのため、業界内の競争は非常に厳しい!!

接客の質、手ごろな価格設定、料理の質、店の雰囲気、立地、成功するためには様々な条件をクリアし、そしてそれを維持・継続しければならない過酷な戦いだ!!

また、外食産業と一言で言っても、その中身を詳しく見ると多種多様なカテゴリーや会社が存在する。

まずは、どのような会社が存在するのかざっと全体像を見てみよう。

大手外食チェーン店一覧

この業界の特徴は、経営する会社の名前を知らなくても、店やチェーンの名前を知っている場合が多いことだ。

例えば、焼き肉の「牛角」を経営している会社名はご存じだろうか? 答えはレインズインターナショナルなのだが、知名度はチェーン名の方が高い。

以下、業態ごとにカテゴリ訳をしてみたので、就職活動の参考にして欲しい。

なお、上に記載している会社は業態内の最大手で下に行けば行くほど会社の規模は小さくなる。

定 食

プレナス:やよい軒

大戸屋:大戸屋ごはん処

回転ずし

スシローグローバル:スシロー

はま寿司

くら寿司:無添くら寿司

カッパ・クリエイト:カッパ寿司

元気寿司:魚ぺい、元気寿司

肉関係

レインズインターンショナル:牛角、温野菜、土間土間、フレッシュネスバーガー

ペッパーフードサービス:ペッパーランチ、いきなり!ステーキ

木曽路

あみやき亭

物語コーポレーション:焼肉きんぐ

ブロンコビリー

ファミリーレストラン

すかいらーく:ガスト、バーミヤン、ジョナサン、夢庵、しゃぶ葉

コロワイド:甘太郎、いろはにほへと、ステーキ宮

サイゼリヤ

ゼンショー:ココス、ジョリーパスタ、ビックボーイ

セブン&アイ・フードシステムズ:デニーズ

ロイヤルホスト:ロイヤルホスト、てんや

日本レストランシステムス:洋麺屋、五右衛門、星野珈琲

アレフ:びっくりドンキー

居酒屋

モンテローザ:白木屋、魚民、笑笑、山内牧場、目利きの銀次

大庄:庄や、日本海庄や

ワタミ:和民、ミライザカ、三代目鳥メロ

チムニー:はなの舞、さかなや道場

SFP:磯丸水産、鳥良商店

鳥貴族

ダイナック:響、鳥どり、パパミラノ

串カツ田中

ハブ:HUB ※外資系

ファーストフード

日本マクドナルド:マクドナルド

日本ケンタッキー:KFC

モスフードサービス

ロッテリア

日本サブウェイ:サブウェイ

ゼンショー:すき家、なか卯

吉野家

松屋

壱番屋

アークランドサービス:かつや、からやま

麺 類

トリドール:丸亀正麺

はなまる:はなまるうどん、千吉

グルメ杵屋:そじ坊、杵屋

サガミホールディングス:サガミ、味の民芸

王将フードサービス:餃子の王将

ハイディ日高:日高屋

後楽苑

力の源:一風堂

丸千代山岡家:山岡家

カフェ

スターバックスジャパン

ドトール

サンマルク

コメダホールディングス

タリーズジャパン:タリーズコーヒー

プロントコーポレーション:PRONTO

ユーシーシーフードサービスシステムズ:上島珈琲店

ポッカクリエイト:カフェ・ド・クリエ

銀座ルノアール:喫茶室ルノアール、ミヤマ珈琲

シャノアール:カフェ・ベローチェ

お弁当

プレナス:ほっともっと

オリジン東秀:オリジン弁当

ハークスレイ:ほっかほっか亭

本家かまどや

宅配弁当

ワタミ

セブン&アイホールディングス

日本生活協同組合連合会

宅配ピザ

ドミノ・ピザ・ジャパン:ドミノ・ピザ

フォーシーズ:ピザーラ

日本ピザハット:ピザハット

就職偏差値ランキング

【56】  スターバックス
【52】 日本マクドナルド ドトールコーヒー
【50 すかいらーく 日本KFC
【48 デニーズ
【46 モスフードサービス
【45 ロッテリア サイゼリア レインズ
【44 プロント タリーズコメダサンマルク ゼンショー
【42 吉野家 松屋 壱番屋
【32 王将
【30 ワタミ モンテローザ

※【50】以上は40歳で年収700万円程度
※【50】以下は40歳で年収500~600万程度
※【30】あたりの企業はブラック企業対象!!

外食業界の仕事内容とキャリア

大卒で外食チェーンに就職した場合、まずは店舗配属になるケースが多い。

副店長として店舗に配属され、店長と一緒に店の運営を学び、数年たてば店長に昇格することが出来る。

ただし、店長になると管理職扱いになるため、残業手当などが付かないケースもあり、これが社会問題となっている。

それでも、任された店で一定の成績を上げると、本社に栄転することが出来る。

しかし、悲しいかな、本社で働くにはそれなりの大学を卒業しておく必要がある!!

日東駒専、MARCHレベルの大学を卒業している人はやはり有利で、本社までのスピードが速い。

ちなみに・・・

本社の花形・人気職種は新商品の開発と、新店舗の開発部隊だ!!

店舗運営での下積経験が、これら花形業務を行う上での重要な武器になる!!

現場経験がなくいきなり本社に行って新商品を開発するとなったとしても、現場のお客さんの雰囲気、反応がイメージできず、単にデータだけを踏まえた的外れな新商品が完成してしまう!!

新店舗開発も、データを基に仕事をするのだが、店舗での実務経験がないと判断がつかないだろう!!

店舗開発は、その会社の将来を左右する非常に重要な意思決定の一つで、経営戦略とも密接に関係している。

1つの店舗を開発するには、用地買収から初期投資まで億単位のお金を動かすことになり、絶対に失敗のできないプロジェクトなのだ。

外食企業といえども、普通の企業となんら変わりはなく、大卒・総合職で入社した場合は、コーポレート部門(人事、経理、総務)や営業、販促部門等に人事異動になる。

外食産業界において大卒者に求められるのは、まさにこれらの業務なのだ!!

店舗運営の現場のイメージだけにとらわれず、その先のキャリアも意識して就職活動を行って欲しい。

外食業界の年収と離職率について

外食業界の年収は、首都圏をベースに考えた時、40歳で491万円というデータがある。

全業界の平均が604万円なので、少しすくないと思うかもしれない。

しかし、この業界は高卒アルバイトから正社員になった人も多く、もし大卒で就職した場合は幹部になれる確率が高く、平均年収は高くなる。

個別の会社によって異なるが、大卒は平均プラス100万円~200万円(役職による)ほどを目安にしてほしい。

ここまで記事を読んだ人は気づいたかもしれないが、外食業界とは、実は大卒優位の学歴社会なのである!!

モデル年収

どの会社をベースにするかで年収は大きく異なるが、ここでは誰もが知っている日本マクドナルドを例に考えてみよう。

日本マクドナルドは、大卒の初任給が25万円でこれに住宅手当の3万円が加算される。

月に30時間残業したと仮定するとこの時点で年収は400万円ほど。これにボーナス4ケ月分を加算すると500万円ほどになる。

正直、新入社員の年収としては非常に良い部類に入ると思う。

しかし、店長に昇格し残業代が付かなくなると、逆に年収が上がらない場合もあるので、早めに本社に異動できるように頑張ろう。

本社勤務になれば、平社員に戻るため、元通り残業代を付けることが出来る。

これは良いケースを挙げたが、待遇の悪い会社は年収300万円代からスタートの所もあるので注意して欲しい。

業界の離職率

外食業界の離職率は、入社後3年以内50%と平均値の30%と比較しても高い数値だ。

理由としては、長時間労働、低賃金、職場の人間関係そして将来性を考えて離職する人が多い。

それから、独立して自分で起業あるいはフランチャイズで店舗経営をする人も一定数だが存在する。

ちなみに面白いデータがあるのでご紹介したい。

実は、店舗から本社に異動になるまで辞めなければ、その後の離職率はそこまで高くないのだ。

本社に異動になると、いわゆる頭脳労働の要素も多分に含まれるため、やりがいも感じるのだろう。

しかし、店舗経営というものは、本来は頭脳労働でもあるのだ。

店という一つの会社運営の全般を担うことで、経営について学ぶことができるため、どこぞのセミナーよりも実践に基づいた経営を学ぶことが出来る。

要は、発想の転換でもあるのだが、ここまで行きつかずに辞めてしまう人が後を絶たない。

そのあたりを踏まえて、この業界に就職して欲しい。

外食業界に興味を持った場合は、以下のサイトを活用して就職活動をすることをお勧めする!!

それでは健闘をいのる!!


スポンサーリンク