【勝ち組】転勤なしの会社に就職・転職するメリット5選

突然ですが、あなたは転勤したい派ですか? 転勤したくない派ですか?

最近は、転勤が多い業界の代名詞でもある「銀行」が、転勤の「あり・なし」を選択できる制度を導入するということで話題になりました。

こういう制度ができるくらいなので、やはり転勤は時代に合わなくなって来ているのでしょう。

 

私もサラリーマンとしてこれまで転勤をたくさんしてきましたが、その中で転勤によるメリット・デメリットを考えてみました。

まず、転勤のメリットです。

・いろんな所に住めるので飽きない
・嫌な上司・同僚をリセットできる
・日本中の美味しいものが食べられる
・地方は物価が安くて暮らしやすい
・単身赴任手当がもらえる

次に、転勤のデメリットです。

・人間関係がゼロからスタート
・引っ越しが面倒くさい
・子供の学校の問題が発生する
・単身赴任しないといけない
・配偶者が仕事を辞めないといけない
・家を買えない(買っても自分で住めない)

こうやって両方を比べると、やっぱり転勤のデメリットって大きいと思います。

いゃ、比較にもなりません(笑)

転勤のメリットなんて、まぁ旅行に行けば得られるものばっかりですし、今は日本全国の美味しいものも、インターネットで簡単に発注できますしね。

独身の20代なら、まだいいかもしれませんが、結婚して子供が出来て、子供が学校に行って、配偶者が仕事をして、ってなると、進んで転勤を志願する合理的な理由は私には見つけられません。

あくまでも個人的な感覚ですけど、もし転勤しなくていい会社で勤務できるなら、色々な機会コストとかも踏まえると、年収換算で100万円単位のメリットがあるのではないでしょうか。

それでは、転勤のない会社に就職・転職することで得られるメリットをもう少し具体的にみて行きましょう。

仕事に集中できる

2~3年おきに転勤があると、引っ越しや、住所変更など、うっとうしい作業がたくさん発生します。

新しい家に家具が上手く収まらず、買い替えをするなど、余計な出費もかかります。

これって転勤がなければ本来発生しなかったことなので、その分、別のことにお金や時間が使えますよね。

深い人間関係を築ける

職場の人や仲良くなった友達とも、転勤と同時に距離的に離れてしまいます。

もちろん今の時代はSNSなどありますが、やっぱり離れてしまうと、関係は希薄になります。

こういうのを、何回も繰り返すと、だんだん関係を構築するのが面倒くさくなってきますね。

家族を連れて転勤をする場合は、配偶者は仕事を辞めるないといけませんし、子供だって仲の良かった友達とさよならをしなければなりません。

こういうのが嫌で、単身赴任を選ぶ人も多いですが、やっぱり家族は一緒に暮らしたいものです。

子育てが楽になる

もし自分や配偶者の祖父母が近所に住んでいる場合、子育て面のサポートを得ることができます。

発熱した時の病院対応、幼稚園・保育園の送り迎え、一時的な預かりなど、ちょっとしたことでも、大変助かります。

あと、何かあった時も、近くにいる仲のいいお母さん友達に頼んだりもできますね。

もちろん、お金を払ってベビーシッターなどを雇うこともできますが、やはり近いところに身内・友達がいる安心感は何ものにも代えがたいです。

でも、転勤をして、祖父母や友達から離れると、これからは自分たちだけで子育てをしなければいけません。

これは、緊張感とストレスが半端なく高まります!!

家族との時間を大事にできる

先の項目でも書きましたが、転勤がなければ家族とずっと一緒にいることができます。

配偶者や子供たちも、お友人とさよならをする必要もありません。

単身赴任を選択する人もいますが、親からすると、特に子供の成長近くで見届けたいのではないでしょうか。

節目節目のイベントや、誕生日などのお祝い事にも一緒に立ち会うことができます。

持ち家によるメリット

転勤がなければ、家を買うことができます。

もちろん賃貸でも良いでのすが、賃貸のデメリットは「単なる消費行為」であることです。

例えば、転勤族のAさんと、転勤族ではないBさんがいたとしましょう。

Aさん:
賃貸で毎月15万円の家賃を支払っている

Bさん:
土地と家を購入し、月額15万円でローンを返済

両方とも年間に払う金額は180万円です。

10年間になると1800万円にもなります。

Aさんは1800万円を単に消費して終わりですが、Bさんは自己資産になっています。

これを20年、30年と続けていくと・・・恐ろしいですね(汗)

もっというと・・・

金銭面だけではなく、持ち家の方が圧倒的に広くて快適です。

感覚的には月当たりの賃料とローンが同じくらいの場合、持ち家の方が2倍くらいの広さの家に住めます。

転勤があるとこういった持ち家を持つということも、難しいのが現実です。

まとめ

転勤なしの会社に就職・転職するメリットについて、いかがでしたか?

やはり転勤は結婚・出産・育児とライフステージが進めば進むほど大きな障害になりますね。

20代のうちは、自分のやりたいことを一生懸命頑張ってきた人でも、結婚・出産を機会に、気持ちに大きな変化が生じるようです。

もし、家族も含めてこれからの人生を考えた場合、思い切って転勤のない会社に転職をするのも一つの方法だと思います。

理想は30歳までに決着をつけたいところです。

転勤のない会社を見つける方法

最後に、転勤のない会社に就職・転職したいと考える人に向けて、転勤のない業界・職種を調べてみました。

狙い目としてはこのあたりでしょうか。

・地方公務員
・地方公共団体
・大学職員(キャンパス次第)
・外資系企業(営業を除く)
・IT企業(営業を除く)
・規模の小さい中小企業

なお、私の個人的には大学職員(私立大学)が一番お勧めです。

給与水準・年間休日・転勤なしなど、全ての条件面でかなり最強です。

エントリーするには、エージェントに登録する必要がありますが、大学職員に関しては、リクナビよりもマイナビの方が求人数が豊富です。

まずは登録をして、本当に行きたいと思う会社があれば、応募をしてみましょう。


スポンサーリンク