【食品メーカー】配属部署と出世コースの関係とは!?

今日は【食品メーカー】配属部署と出世コースの関係とは!?について投稿したいと思います。

「人事異動」と「出世」

この二つのテーマは、食品メーカー希望者に限らず、世の中のサラリーマンなら誰しも気になる話題の一つではないでしょうか。

転職で入社した場合も、新卒で入社した場合も「総合職」というカテゴリーの中では、その部署に一生在籍するということはありません。

人事異動によって、恋人と離れる、あるいは家族と離れて単身赴任をするなど、サラリーマンの生活面においては影響度・大ですよね。

今日は、そんなテーマについて食品メーカーで勤務する管理人の経験を基に、独自の視点で説明したいと思います。

俺の転職活動塾!

新しく就職活動を始める人がまずやること。 それは就活サイトへの登録だと思います。 王道でいえば、リクナビ、マイナビあたり…

1. 配属部署

新卒の場合は、4月1日の入社式の際に「初期配属」が発表になりますね!ドキドキの瞬間です。

あ~彼女と遠距離だ~とか、よっしゃ!!とか、あちらこちらで喜びと悲しみの涙が見られる複雑な瞬間です。

メーカーの場合は、文系の場合だと初期配属の9割は営業になります。

最近は、営業で地方勤務になる場合は、必ず何らか本人にゆかりのある場所に配属するケースが多いですね。例えば、実家の近くとか、大学の近くとか。

新入社員の場合は、出世だとかなんとかは頭にないと思いますので、基本は自分の今の生活をベースにして、この配属でよかった!とか最悪!ってなりますが、中途採用の場合は、年齢の関係もあり、初期配属は結構その後のキャリアに影響を及ぼします。

もちろん営業が大好きで、ずっと営業をやりたい!勤務地なんてどこでもいいから、俺は・私はやるんだ!って人も当然いますので、それはそれで全然否定はしません。むしろ、素敵です。

でも中には、いつか本社に行ってこの仕事をやりたい!とか希望・野心を持っている人もいるでしょう。

やっぱりそんな人は、できるかぎり大きい支店に配属されておいたほうが有利です。言い換えると、会社の中でやりたい仕事をできる可能性が高まります。

では大きい支店ってどこでしょうか?

具体的にいうと、東京・名古屋・大阪の3大都市を管轄する広域支店です。

こういう大きい支店は本社とのパイプもありますし、支店長とかボスは本社に人を送り込める力(人事権)も持っていたりします。

逆に、地方の小規模の営業所になると、そういう力のある人がいる可能性が低いので、なかなか実績をだしても本社に声が届きません。

やっぱり、なんだかんだで最初の時点で、有利・不利はあるんですね。

俺の転職活動塾!

新しく就職活動を始める人がまずやること。 それは就活サイトへの登録だと思います。 王道でいえば、リクナビ、マイナビあたり…

2. 幹部候補生の配属先

わざわざ一つのテーマにするほどのものでもないかもしれませんが、食品メーカーの場合、新卒で明らかな幹部候補生用の配属先があります。

それは・・・・

文系なのに工場の事務に配属されている場合です。

これ、一見地味な配属なので、本人含め「?」なんですが、この配属の人は本社からあらかじめ「幹部候補」のフラグが立っています。

おそらく、数年以内に本社の主要部署に異動するはずです。

これは、やっぱりモノづくりのメーカーって製造現場を大切にしているんですね。売ることだけじゃなくて、製造の観点とか、全体を見る視点を養うという点で敢えてここに配属します。

なので、俺だけなんでこんな謎の部署なの!?って思う人がいるかもしれませんが、あなたは幹部候補生です(笑)

一生懸命働くと将来社長になれるかもしれませんよ!!

3. 本社内のヒエラルキー

そんなこんなで本社に異動になったとしましょう。中途採用の人は最初から本社配属の人も多いと思います。

さて、本社は本社でヒエラルキーが存在します。

食品メーカーの人ってこういう所ってあんまり気にしない(気にしないフリをしているだけ?)んですが・・・一応メカニズムという点で説明しておきますね。

某〇ちゃんねるに書いてあるようなノリで、独断と偏見でランキング付けしてみました(笑)

【本社配属ランキング】※文系限定

神レベル:M&A関連部署 ←将来は社長か執行役員

Sランク:経営企画部 ←将来は社長か執行役員候補

Aランク:財務、国際税務、法務部、総務部、法人営業

Bランク:マーケティング、海外事業部、法人営業、人事部

Cランク:営業統括、国内新規事業

Dランク:その他

※注意:単に配属されているだけでなく年齢も重要。

※海外事業部についてはこの記事を参照ください。

俺の転職活動塾!

海外勤務したいと思って入社したのに海外勤務できない!?そんなことにならないように、ちゃんと入社前から海外勤務しやすい会社…

ほんと失礼なランキングで申し訳ないんですけど・・・こんな感じだと思います。

注意書きにも書いてありますけど、何歳の時点でどの部署に配属になっているかっていう点も大事です。

20代後半とか、30歳くらいで経営企画とかM&A関連部署に配属されている人は相当会社から期待されています。

このランキングはもちろん公式なものではありませんし、大っぴらにはされていません。本当に参考程度の理解として下さいね。

でもこれから分かるように、コーポレート職はやっぱり出世コースです。

管理人はマーケティングなので、中途半端な真ん中くらいに位置しますが、これはこれで、こんなもんかって満足してますので、それぞれの幸せを追求するのが良いと思います(笑)。

でも会社によっては「選抜試験」を大っぴらに行うところもありますし、入社の時点で幹部候補を決めてから育成を行う所もあります。

もし、そういう対象に選ばれたなら、大きなチャンスなので、真剣に取り組んでみて下さい。将来、社長になれるかもしれませんよ!

良かったらこの記事も読んでみて下さい。

俺の転職活動塾!

新卒時代、食品メーカーで内定を量産した私の情報収集術を公開します。IR情報をマスターすると、一気にライバルより有利に立つ…

俺の転職活動塾!

新しく就職活動を始める人がまずやること。 それは就活サイトへの登録だと思います。 王道でいえば、リクナビ、マイナビあたり…

スポンサーリンク