注目キーワード
  1. 就職偏差値ランキング

外資系企業で出世できる人の特徴&出世の法則について!!

外資系企業で出世できる人の特徴&出世の法則について!!

外資系企業は、年功序列とは無縁で、とにかく成果さえ出せば、年齢に関係なく昇進できて、年収も数千万もらえるんでしょ!?

だから自分は日系企業ではなく、外資でバリバリやってやる!!

と・・・こんな声を聞くことがある。

管理人
しかし、現実はそんなに甘いものではない!!

もちろん、1000人いたら中には何人かはそういう人もいるだろうが、それほんの一握りの人の話であることをご理解いただきたい。

確かに外から見ると、外資系企業は華々しく、自由なイメージがあると思う!!

しかし、繰り返しになるが、この世界で勝ち上がるのは、簡単ではない!!

管理人
競争相手が日本人だけならまだしも、外国人も含まれる!!

そして、この外国人がなかなか手強い!!

この記事では、外資系企業における出世の法則と、処世術について、筆者の経験を踏まえながらお伝えをしたい!!

※日本人と外国人が半々くらいの比率の職場をイメージしてこの記事を読んで頂けると幸いだ。

内部昇進を狙う場合

内部昇進は、所属する組織内でポジションを上げることを意味する。

外資系企業で内部昇進を狙う場合は、(1)上司をクビにしてそのポジションを奪い取る、(2)上司を昇進させて、空いたポストに滑り込む、のいずれかの選択肢が王道だ。

(1)上司のポジションを奪い取る

(1)のケースだが、上司をクビにするというのは現実的に難しいので「クビになるのを待つ」というのが正確な表現だ!!

実際に、外資系企業では、何年か働いていると上司がクビになることはよくある話だ。

理由は様々だが、よくある理由として、上司自身が昇進基準を満たせないことが挙げられる。

管理人
これをUP or OUTというが、UP(昇進の事)できなければ、OUT(去る)のが外資系の掟だ!!

その空いたポジションにあなたが選ばれるか、他の人が選ばれるか、はたまた外部から採用するのか・・・すべてはあなたの能力とパフォーマンス次第だ。

晴れて実績が認められ、クビになった上司の後のポジションに昇進できたとしても、パフォーマンスが何年経ってもいまひとつの場合は、元上司と同様クビになる可能性があるので、気は抜けない。

(2)上司を昇進させる

(2)のケースは、良いパターンで、チーム全体の実績が良く、その対価として上司が昇進するパターンであり、できればこのパターンで自分も昇進したいものだ。

しかし、いつまで経っても上司がが昇進もせず、クビにもならず、ただ月日が過ぎる場合がある。

こういう場合は、別の会社で希望のポジションがあれば、そっちに応募することも検討すべきである。

管理人
外資系企業における転職は、昇進とセットになることが多いため、ネガティブなイメージで見られることは少ない!!

外資系企業はそもそも出世が難しい!?

外資系企業は、年功序列ではないため、日系企業の様に○○歳で係長・課長という概念が存在しない。

管理人
定年まで平社員で肩書なし!ということも普通によくある話だ!!

また、意外に知られていないが、外資系は実力に加えて、超学歴社会でもある。

MBAや世界ランキング上位校の卒業生などがそれに該当し、最初から出世する人と、そうでない人が決まっている。

※もちろん、圧倒的なパフォーマンスを示すことが出来れば、上記の限りではなく、そういう意味においては実力主義である。

ポジションの数そものが少ない

外資系での出世が難しいもう一つの理由は、ポジションの数自体が少ないことだ。

例えば、日系企業の場合は、平社員から課長に昇進するまでに、主任、係長、課長代理、など間にいくつかのポジションが存在するが、外資系はそういった類のものが存在しない。

Associate(平社員) ⇒ Manager(課長)と、平社員から課長まで一発で昇進する仕組みになっている。

管理人
従い「昇進の意味合い」が、日系企業と比較して重いのだ!!

「昇進の意味合いが重い分」年収も数百万単位であがることもザラだ。

上位ポジションは更に狭き門

外資系企業では出世するにつれ、以下の様に肩書が格上げされていく。

Associate(平社員)⇒ Manager(課長) ⇒ Director(部長) ⇒ General Manager (統括本部長) ⇒ Vice President(執行役員)⇒ CEO(社長)

日系企業の場合は、内部昇格が基本だが、外資系企業の場合は、上のポジションになればなるほど、外部から人を引っ張ってくるケースが多い。

※感覚的には、Directorあたりから外部からの採用が多くなり、CEO(社長)クラスになるとほぼ100%が外部登用になる。

従い、ある程度まで出世すると、「転職」と「出世」は切っても切れない関係になってくる。

管理人
ここで大事なのは、業界内の人脈である!!

外資は、意外と業界内の関係が狭く、かつて同じ職場で働いていた同僚でも、巡り巡ってまた同じ会社で働くケースが割と良くある。

こういう、元同僚や元上司のつながりから採用にいたるケースもよくあるため、別の会社に転職した人でも、仲良くしておくことは重要なのだ。

外資系企業で昇進するための要件

管理人
外資系企業で昇進するために必ず必要な要件を以下に記載する!!

上司との関係性

数ある要件の中でも、これが一番重要!!

上司はあなたを昇進させることもできるし、クビにすることもできる。

つまり、あなたの生殺与奪権を全て握っているのだ。

管理人
そのため、上司に逆らうことは外資系企業最大のタブーである

上司の立場になり、一緒にその悩みを克服したり、全力でサポートすることが重要だ。

そうするうちに、徐々にあなたへの信頼感も増すだろう。

ひとつ念頭に入れておきたいことは、上司はあなたが想像する以上のプレッシャーの中で仕事をしていることだ。

上司も実績をださないと、普通にクビになるのだ!!

なので、あなたの上司への一番の貢献は、確実に実績をあげ、チーム全体のパフォーマンスを引き上げることに他ならない。

管理人
自分の手柄を全て上司に献上する気持ちで、職務に専念することが重要だ!!

アピールする力

外資系企業では、基本は、主体的に動く姿勢が重要視される!!

指示待ち人間など持っての他で、自ら積極的に体を動かし実績を作り、それを上司や転職先に売り込む姿勢が重要だ。

日系企業の様に、100やったけど、謙遜して30やりましたというのはダメで、100やったことをいかに300やったか!!という方向でアピールをする必要がある。

真面目な人がこういうこういう現実を見ると嫌気がさすだろう!!

しかし、周りがそうしている以上、貴方も同じようにアピールしないと競争に負け、最悪の場合は解雇されることもあり得る。

きっと誰かは見ていてくれるだろう、分かってくれるだろうという考えは、早い段階で捨てたほうが良い。

管理人
特に、外国人の同僚はこのあたりのことは抜かりがない!!

余計な考えは全て捨て、自己アピールがうまく出来ない人は、外資系企業で勝ち抜くことは難しいだろう。

この世界に、沈黙は銀という諺は通用しない。

英語力は重要

外資系企業では、ポジションが上がれば上がるほど、英語力が重要になる。

というのが、長く働いていると、自分の上司が外国人になるケースがあるからだ。

管理人
この時に「私は英語はできません」となると大変印象が悪い!!

英語ができないと、上司の指示が正確に理解できないし、報告も満足にできない。

特に、外国人上司の場合は、日本人上司のような「阿吽の呼吸」が通じないため、より丁寧に、抜け漏れなく報告する必要があり、かなりの英語力が要求される。

また、アジアリージョンの会議や、本社と打ち合わせを行う際も、会議は全て英語で行われるため、正確に理解し、適切に意見を述べることが出来ないと、あなたの存在感は非常に薄いものになる。

いつも黙ってばかりいると、「あいつは仕事をしているのか」ということにも成りかねないので、きちんと英語でプレゼンス(存在感)を示すことは極めて重要なのだ。

管理人
先にアピールが重要だと述べたが、語学力が高ければ高いほど、よりアピールする力も高くなる!!

査定・給与には更なる要求を

前年度のパフォーマンスに応じて、翌年度の待遇が決定されるが、簡単に応じてしまうと、その程度で満足していると認識される。

日本人の場合は、もっと給料を増やしてほ欲しい!!昇進させてほしい!!と自分から主張することに抵抗があるかもしれないが、グローバルスタンダードではこれが普通だ。

上司も当然そういう企業文化の中で育ってきているので、「こういうと失礼かも」と考えずに、希望を主張することが重要だ。

管理人
ただし、感情論で主張するのではなく「根拠を示すこと」が重要である!!

上司は上司で、給与査定の場で、何故Aさんには前年より10%年収を増やす必要があるのか!という説明をしなければならないため、感情論ではあなたの望む結果は出せないのである。

人事権のある人に気に入られること

人事権のある人って上司じゃないの? と思うかもしれないが、ここでいう人事権のある人は、もっと上の大物を指す。

例えば、日本法人のTOPやアジアパシフィックリージョンのTOPに目を付けられると、一気に昇進するケースがある。

これは、会議の場や、会食などで上手く気に入られると、その後も目をかけてもらえることが多く、新しいプロジェクトを立ち上げる際に、管理職として招聘される場合がある。

こういう場合は、まさに鶴の一声で、いとも簡単に出世することがある。

管理人
直属の上司に気に入られることは、出世において王道ではあるが、このような一足飛びのルートがあることも念頭に入れておきたい!!

まとめ

ここまで述べたように、外資系企業は日系企業と比べて、出世のルールが大きく異なることがお分かりいただけたと思う。

管理人
正直言って、外資系企業で出世するには、向き・不向きがある!!

組織の風土に円滑に適応するという意味では、やはり帰国子女には大きなアドバンテージがあるのは紛れもない事実だ!!

しかし、出世の王道は、あなたが突出して仕事ができることにある!!

これが出来ていれば、余計なことをしなくても、周囲はあなたを放っておくことはないだろう。

スポンサーリンク