注目キーワード
  1. 就職偏差値ランキング

【2020年版】不動産業界/デベロッパーの就職偏差値ランキングを解説するぞ!!

【2020年版】不動産業界/デベロッパーの就職偏差値ランキングを解説するぞ!!

管理人
不動産デベロッパーのメイン業務はその名の通りデベロップ/開発だ!!

購入した土地を将来的にどのように開発し、事業化していくかを計画・運用することが主な仕事内容になるが、建設自体を生業としている「ゼネコン業界」とは切り離して考える必要がある。

不動産デベロッパーが調達した土地に、ゼネコンが商業施設・オフィスビル・マンションなどを建設し、それら売却 or 賃貸することで利益を得ている。

管理人
開発して売却したら終わりという訳ではなく、その後の維持・管理までを一貫して行うのも不動産デベロッパーの特徴だ

有名な開発案件としては「六本木ヒルズ」や「東京ミッドタウン」が思い浮かぶかと思うが、日本のランドマークにもなりうる案件に携われるということもあり、非常にやりがいのある仕事だ。


六本木ヒルズを開発した森ビル/不動産デベロッパー

業界全体のトレンドとしては、2012年から始まったアベノミクス相場、東京オリンピックという追い風を受け、東京都内ではあらゆるところで大規模都市開発が行われており、都心の地価は大きく上昇している。まさにその中心的な役割を果たしているのが、この不動産デベロッパーだ!!

就職偏差値ランキング上位の総合不動産デベロッパーは日本有数の優良企業で、待遇面でも非常に恵まれているため、就職では非常に人気がある。

管理人
内定を取るのは本当に難しいので、心して対策をして欲しい!!

前置きはこれくらいにして、就職偏差値ランキングをご覧あれ!!

管理人
なお、この業界を真剣に目指す人は、以下のエージェントの活用が必須!!

登録・利用は無料!!

不況で市場から求人が消滅する前に、早めに動くことをお勧めする!!

おすすめエージェント

中途採用者
【リクルートエージェント】

新卒採用者
キャリアチケット

不動産業界/デベロッパーの就職偏差値ランキング

【70】 三井不動産

【69】 三菱地所

【67】 東急不動産

【63】 住友不動産 東京建物

【62】 森ビル 森トラスト  日鉄興和不動産  野村不動産

【61】 NTT都市開発(2019上場廃止)

【60】 ダイビル 三井レジデンシャル

【59】 平和不動産 オープンハウス 安田不動産 サンケイビル

【58】 伊藤忠都市開発 日本土地建物 第一ビルディング

【57】 ザイマックス 三井不動産BM※ 三菱地所BM※

【56】 三菱地所PM※ 三井不動産住宅リース ヒューリック オリックス不動産(傘下ジョイント大京)

※BMはビルマネジメントの略、PMはプロパティーマネジメントの略

まずは5大総合デベロッパー(三井不動産、三菱地所、東急不動産、住友不動産、野村不動産)について解説する。

【70】三井不動産 

三井グループの中核企業の一つで賃貸ビル、住宅分譲、商業施設など総合的に強いデベロッパー。

東京、日本橋、八重洲、日比谷といったエリアの再開発を推進している。賃貸・分譲に強みを持ち、東京ミッドタウン、グラントウキョウノースタワー、日本橋三井タワーなどの開発を手掛た実績あり。

管理人
開発エリアの選定が神がかって素晴らしいため、継続的に安定した収入を得ることができる。経営状態も盤石だ!!


三井不動産による再開発プロジェクト

ショッピングセンター「ららぽーと」、アウトレット「三井アウトレット」といった商業施設の運営、ホテル、住宅など幅広い事業を展開している。ちなみに、東京ディズニーランドを運営するオリエンタルランドの関連会社(9.34%の株を保有)でもある。

2019年度の売上高は1兆8,612億円、当期純利益が1,687億円。平均年収1,263万円(40.7歳)と日本最高クラスの待遇。

なお、大卒初任給が25.5万円と高く、年間1万7,000円~8,000円のペースで昇給する。内定者の学歴は非常に高く、東大、旧帝大、早慶のトップ学生が大半を占める超学歴重視企業だ!!

管理人

年収と比較してそこまで激務でないためコストパフォーマンスは非常に良い!!

都市開発に興味のある人にはお勧めだ!!

【68】三菱地所

三菱グループの中核企業の一つでオフィスビル、住宅に強みを持つ総合デベロッパー。東京・丸の内のオフィスが地盤で、隣の大手町、有楽町にも地域一体開発を展開中。サンシャインシティーやランドマークタワーの設計、みなとみらいの開発、アウトレットモール(プレミアム・アウトレット)など幅広く事業を展開している。

管理人
こちらも三井不動産と同様に開発エリアの選定が神がかって素晴らしいため、経営の安定感は抜群だ!!


三菱地所による再開発プロジェクト

海外事業にも力を入れており、ニューヨーク、ロンドン、シンガポール、ベトナムをメインに事業展開を進めている。米国のロックフェラーグループは三菱地所の100%子会社で、不動産賃貸や開発事業を手掛けている。

管理人
なお、海外勤務は出世コース!!海外勤務の年収について詳しく知りたい人はこの記事を参考に
俺の転職活動塾!

【海外勤務】海外駐在員の給与・年収を元駐在員が全て暴露します! グローバル化により日本の海外進出が盛んになってきました。…

2019年度の売上高は1兆2,633億円、当期純利益は1,346億円。平均年収1,247万円(41.2歳)と日本最高クラスの待遇。

なお、大卒初任給が26.0万円と高く、年間2万円のペースで昇給するなど三井不動産よりも好条件。

こちらも採用者の学歴は非常に高く、東大、旧帝大、早慶のトップ学生のみが内定を取れる超学歴重視企業だ!!

管理人
総合的にみると働く環境は三井不動産よりもゆったりしているため、両方から内定をもらった場合は三菱地所を選ぶ人も多い(好みの問題だが)。

三菱グループの中核であり、日本を代表するエリート中のエリート企業でもある。

【67】東急不動産

東急不動産は、東急電鉄から不動産部門を切り離してできた会社。従い、今現在も東急不動産の大株主は東急電鉄だ(保有株は15.9%)。

東急電鉄と組んで「広域渋谷構想園」をという街づくり計画の下もと、渋谷駅周辺を再開発している総合不動産デベロッパー。

事業領域は、住宅事業、商業施設事業、オフィスビル事業、シニア住宅事業、リゾート事業、海外事業(インドネシア・アメリカ・中国)ととにかく手広い。

管理人
東急ハンズ、東急プラザ銀座などの商業施設も手掛けている!!


東急不動産による渋谷の再開発プロジェクト

2019年度の売上高は9,018億円、当期純利益が375億円。平均年収1,113万円(44.1歳)※ホールディングス表記なので参考まで。

大卒初任給は22.2万円と三井不動産、三井地所と比較すると3~4万円ほど低い。

また、昇給額も年間7,000円程度とトップ2社とはやはり差があり、そのため20代年収は100万円以上の差がある。

管理人
社風としては、三井不動産、三菱地所よりも保守色が強く、比較的まったりしているのが特徴だ!!

【63】住友不動産

住友不動産は都心を中心にオフィスビル賃貸や分譲マンションに強みをもつ総合デベロッパーだ。他の不動産デベロッパーとの違は、マンション販売(グランドヒルズ、シティータワーなど)に力を入れている点だ。

管理人
社風は体育会系気質で他社とは少し雰囲気が異なる会社だ!!

住友ブランドを軸に据え、例え長期戦になっても絶対に値引きをしないスタンスから営業利益率20%を超える高い利益率を維持しており、西新宿、六本木エリアを中心に都市開発も行っている。


住友不動産の住宅ブランド:シティータワー

2019年度の売上高は1兆132億円、当期純利益は1,308億円と経営実績だけをみると、三井不動産、三菱地所と同じくらいの経営成績。

しかし、平均年収が661万円(43.1歳)と少なく、平均勤続年数も7.5年と短く、就職という観点では上位3社と比較して待遇が悪い。

なお、マンションを販売するのは子会社の住友不動産販売が一手に引き受けるが、年棒制+成果に応じたインセンティブが付与される仕組みになっており、営業成績が優秀なセールスマンであれば年収1,000万以上の人もいる(ただし激務)。

管理人
企業としては素晴らしいのだが、業界内他社と比較して社員への待遇がいまいちなため、この就職偏差値となっている

【62】野村不動産

野村不動産は野村証券から独立分離してできた会社であり、現在の大株主(34%の株を保有)も野村證券となっている。

管理人
新宿を本拠地とするデベロッパーで住宅関連に強みを持つ総合デベロッパーだ!!

主力は高級マンションブランドの「プラウド」で首都圏を中心にブランド力ではNo.1だ。

住宅分譲に強いという観点では、住友不動産に似ているので、野村不動産を志望する人は住友不動産も志望すると良いだろう。


野村不動産の住宅ブランド:プラウド

2019年度の売上高は6,685億円、当期純利益458億円。平均年収は1,022万円(45歳)というデータがあるが、これはホールディングス年収なので参考まで。

住友不動産よりも年収が良いのは確実なのだが問題はその体質で、長時間労働が日常的になっておりワークライフバランスの概念が希薄。

管理人
2018年にはブラック企業対象にノミネートされるなど不名誉な過去あり!!

今後は、長時間ではなく、長期間働けるような労働環境を整備する必要がある(平均勤続年数は2.5年)。

以上、ここまでが5大総合デベロッパーの説明になるが、それ以外にもいくつかの有力企業について解説をしておきたい。




【63】東京建物

東京建物は、売上高2,733億円、当期純利益273億円と5大総合デベロッパーと比較すると、規模は小さ目ながらも優良企業である。

管理人
年収も958万円(42.3歳)と高水準。そのため就職偏差値は野村不動産よりも上の【63】とした

創業122年の歴史を持つ伝統のある企業で、ビル(都市開発・オフィスビル)、住宅(分譲・賃貸)、商業施設、不動産仲介・賃貸管理、駐車場(月極・時間貸し)、シニア(高齢者向け住宅、介護)、リゾート(愛犬同伴型ホテル、温泉、ゴルフ)、海外(中国・東南アジアの不動産開発)、不動産ファンド(不動産投資商品)、保育(保育所)などビジネスの範囲は手広い。

【62】森ビル、森トラスト

東京港区を地盤とする会社で森ビルは「六本木ヒルズ」、「表参道ヒルズ」、「虎ノ門ヒルズ」などの大型複合施設を開発しているように都市開発への思いが強い会社。

管理人
東京のみならず、日本のランドマークとなるようなブランド価値のある都市開発に定評がある!!

一方の森トラストは、不動産、ホテル、投資の3事業が柱で、ホテルではシャングリラ、マリオネットなど海外の高級ホテルと組み急成長。

元々は同じ同じ一族により創業されたが、王道を行く森ビルと、ロマンを追い求める森トラストの方針の違いからそれぞれ独自路線で分離したとの説が有力。

なお、両社ともに非上場企業のため年収データなし。売上高は森ビルが2,461億円(営業利益611億円)、森トラストが1,748億円(営業利益344億円)。

【62】日鉄興和不動産

新日鉄興和不は、新日鉄都市開発(新日鉄系)と、興和不動産(みずほフィナンシャルグループ系)の2社が2012年に合併して誕生。

オフィスビル賃貸や外国人向け高級アパートメント賃貸といった賃貸事業と、マンションを中心とした分譲事業を主力としている。

非上場企業で、売上高は1,566億円(営業利益256億円)。赤坂インターシティエア」を竣工したほか、19年竣工予定のホテルオークラ本館の建て替えプロジェクトも手がけるなど実力派の企業だ。

まとめ

大型都市開発というキーワードが何度も出てきたように、不動産デベロッパーの仕事の魅力はまさにここにある。

平たく言うと、都市を開発することで、その土地の価値(機能・利便性)を向上し、エリア全体を活性化させることが主な役割になるが、ビジネスとしては壮大で非常にやりがいのある仕事だ。

管理人
不動産デベロッパーの仕事はサッカーで例えると、監督のポジションだ!!

監督の周りには100を超える企業が集まり、一緒になって開発プロジェクトを進めることになる。

同じ都市開発でも、各不動産デベロッパーで強みとしているエリアが違うし、どのような考えで都市開発を推し進めていくのかも全く異なるので、そのあたりを自分自身でしっかりと整理し志望動機と結びつけられるようになることが、内定獲得のカギになるだろう!

管理人
最後に繰り返しになるが、この業界を真剣に目指す人は、以下のエージェントの活用が必須になる!!

登録・利用は無料!!

不況で市場から求人が消滅する前に、早めに動くことをお勧めする!!

おすすめエージェント

中途採用者
【リクルートエージェント】

新卒採用者
キャリアチケット

本ブログ:俺の転職活動塾!ではその他の業界も含め、数々の有力情報を発信している!!

是非、「お気に入り」に登録してあなたの就職活動に活用して欲しい。

俺の転職活動塾!

大手食品メーカー社員が、海外勤務、マーケティング、商品企画、営業職を中心に、業界の裏情報を提供するサイトです。…

俺の転職活動塾!

【2020年版】総合商社・専門商社の就職偏差値ランキングを解説するぞ!! 商社は総合商社と専門商社に分類される。その中で…

俺の転職活動塾!

【2020年版】鉄道業界(JR・私鉄)の就職偏差値ランキングを解説するぞ!! 鉄道業界は、我々の生活に必要な移動手段の一…

スポンサーリンク