注目キーワード
  1. 就職偏差値ランキング

【2020年版】化学・素材メーカーの就職偏差値ランキング(難易度)を解説するぞ!!

化学・素材メーカーの就職偏差値ランキング(難易度)を解説するぞ!!

冒頭からいきなりで申し訳ないが・・・化学・素材メーカーは率直に言うと、非常に地味な業界だ!!

街ゆく人に具体的な製品名を聞いても答えられる人はまずいなだろう。

しかし、そんなことは関係ない!!

この業界に興味を持った貴方・・・

あなたは非常に現実主義で賢い人だ!!

管理人
なぜならこの業界には、世界トップクラスの優良企業が多く、中には9割以上の世界シェアを持つ会社も数多く存在する日本最強の業界なのである!!

そう、例えサムソンであろうが何だろうが、これらの会社の素材がなければ、最終完成品をつくることはできない!!

これはプラモデルを組み立てる時、プラモデルのパーツ自体が無いとプラモデルが完成しないのと同じ仕組みだ!!

そのパーツ部分を作っているのがこの業界で、世界の中でもその会社にしか作れない技術を多数保有している。

従い、パーツの供給を止めてしまえば、巨大メーカーであろうが何だろうが息の根を止めることが出来る!!

管理人
ようは・・・技術力が高すぎて他に代替が効かないのである

それくらい、この業界の企業の存在感は圧倒的だ!!

そういうわけで、業界全体として年間休日数が多く、有給消化率が高く、残業時間が短いホワイト体質の会社が多い。

管理人
理系出身者も多く、知的で合理的な働き方が期待できるぞ!!

前置きはこれくらいにして、まずは就職偏差値ランキングをご覧あれ!!

なお、化学・素材メーカーへ就職を希望する場合は、以下のエージェントを活用することをお勧めする。

なお登録・利用は無料!!

管理人
不況で優良求人が消滅する前に、早めに動くことをお勧めする!!

おすすめエージェント

中途採用者
【リクルートエージェント】

新卒採用者
キャリアチケット

化学・素材メーカーの就職偏差値ランキング

Sランク
[68] 信越化学工業 三菱ケミカル

A+ランク
[66] 住友化学 東レ
[65] 旭化成 富士フイルム
[64] 三井化学 積水化学 昭和電工 日東電工

Aランク
[63]  三菱ガス化学 大陽日酸 東ソー 宇部興産 帝人 DIC JSR
[62] クラレ 日立化成  エア・ウォーター

Bランク
[61] カネカ 日本触媒 日本ゼオン 日産化学 日本ペイント 三菱レイヨン ダイセル

[60] ADEKA 電気化学 関西ペイント 高砂香料 日本化薬 日清紡

[59] 長谷川香料 三菱樹脂 日本エアリキード 東洋インキ トクヤマ 東洋紡 東京応化

Cランク
[58] クレハ 大日精化 日本曹達 住友ベークライト 東亞合成 日油

[57] 三洋化成 コニシ サカタインクス 新日鐵化学 JNC セントラル硝子 JSP

[56] アイカ 石原産業 堺化学 住友精化 本州化学 積水化成品 ユニチカ 日本高純度化学 曽田香料

Dランク
[55] 荒川化学 関東電化 四国化成 積水樹脂 ダイソー 日亜化学 ニチバン 日本ピグメント テイカ 大塚化学

[54] リケンテクノス 日本合成化学 ハリマ化成 藤倉化成 日本精化 日本農薬 メック 未来工業 エスケー化研

[52] 第一工業製薬 大日本塗料 日本カーリット 第一稀元素化学 大阪有機化学 北興化学 多木化学 保土谷化学

[48] 日東紡 日本化学 日本化成 田岡化学 川崎化成 群栄化学 タキロン 伊勢化学 関西熱化学 シーアイ化成

[46] 大倉工業 コープケミカル 東洋合成 有機合成薬品 チタン工業 片倉チッカリン 日東エフシー

[44] クラボウ 日本カーバイド ラサ工業 旭有機材 児玉化学

ランキングの解説

文系と理系で仕事の内容は大きく異なる。

例えば、三菱ケミカル、住友化学、三井化学といった総合科学メーカーは、基礎材料から誘導品、最終製品まで一貫して生産しているが、これは理系出身者が担当することになる。

文系出身のスタッフはメーカーなどに出向き、素材の販売先を確保したり、コーポレート部門(経理、人事、総務、法務、購買、物流、情報システム、知的財産など)での仕事が中心になる。

管理人
理系の場合は大学/大学院での研究分野と企業が求める分野がマッチすれば比較的内定は取りやすいが、文系は大手を狙うなら倍率100倍以上の激戦になる!!

その理由は採用人数が少ないことがあげられる。大手の信越化学工業でも11~15名となっており、狭き門であることは間違いない。

ちなみに・・・

業界の平均年収は637万円(40歳)で、この数字だけをみると特別に高い訳ではない!!

これだけ安定して利益が出ているのなら、もう少し社員に分配しても良いと思うが、ここはいまひとつだ。

一方で、実際の利益の割には社員に給料をたくさん払う会社もあり(財閥系がそれに該当)、その逆のケースも存在する。

管理人
この辺りは、巻末に化学・素材メーカーの売上/利益/平均年収のベスト100社を掲載しておいたので詳しく見て欲しい!!

それでは上位企業から解説するぞ!!

信越化学工業【68】

信越化学は売上高1.5兆円、当期純利益3,091億円と圧倒的な利益率が特徴の超優良企業だ!!

売上高は安定的である一方、ここ5年間の収益体質が劇的に改善している(2015年当期純利益:1,286億円➡2019年:3,091億円に急増)。

管理人
ちなみに、この利益額は業界内でもブッチギリの1位だ!!

この会社の強みは、塩化ビニール半導体ウエハーで、それぞれ世界シェア1位をキープ!!

塩化ビニールは建築材(下水パイプ、電線ケーブルなど)に使用されるが、安全性や耐久性に優れており、環境に優しいのが素晴らしい。

現在、更なる値上げに絶賛取り組み中で、今後も高い利益率を維持できる可能性が高い。

半導体ウエハーは自動車、PC、スマホ、パソコンなどのあらゆる生活必需品に使用されており、なくてはならない存在だ。

なお、半導体ウエハーは日系企業上位2社:信越化学 & SUMCO(三菱マテリアルと住友金属工業の合弁会社)で世界6割のシェアを占める。

信越は売上の7~8割を海外で稼ぐなど、他社と比較してもグローバル化が進んでおり、海外駐在のチャンスも豊富だ!!

海外勤務の場合は、30代前半でも年収2,000万円ほどに到達。

日本国内の平均年収は856万円(42.1歳)で、管理職に昇進した場合は年収1000~1200万円に到達する。

20代~30代前半までの給料はそれほど高くなく30歳で600万円(手当込み)程度。

管理人
ボーナスは5ケ月分もらえるが、会社の営業成績から考えると、もう少し給料は高くても良いかもしれない

三菱ケミカルHD【68】

三菱化学、三菱樹脂、三菱レイヨンが2017年に合併して出来た会社で、売上高3.9兆円、当期純利益1,695億円と日本国内でも有数の巨大企業だ。

傘下には三菱ケミカル・アドバンス・マテリアルズ、日本ポリプロ、日本ポリエチレン、太陽日酸、田辺三菱製薬などの会社がある。

事業内容は、機能商品分野、素材分野、ヘルスケア分野の3つで、その内、素材分野の売上が5割、機能商品分野が3割を占める。

管理人
総合化学会社であり、扱う分野は様々だが、今後は以下の6市場にM&Aや海外展開など経営資源を集中投下すると宣言しているぞ!!

①自動車・航空機(モビリティ)

②IT・エレクトロニクス・ディスプレイ

③メディカル・フード・バイオ

④ヘルスケア

⑤環境・エネルギー

⑥パッケージング・ラベル・フィルム

海外売上収益比率が42.4%とグローバルに事業を展開してる。

なお、有価証券報告書には平均年収1,737万円(47.4歳)というとんでもない数値が記載されているが、これは持ち株会社の147人のみを対象にした給与なので鵜呑みにしてはいけない。

管理人
実際は、合併前の三菱化学、三菱レイヨン、三菱樹脂の年収をベースに考えるのが妥当だ!!

合併前の年収は、三菱化学が710万円(41.8歳)、三菱レイヨンが651万円(41.8歳)、三菱樹脂は658万円(42.7歳)となっており、最近の業績から考えると、850万円(42歳)ぐらいが妥当な年収だ。

なお、20代の年収は控えめで、毎年の昇給額は6,500円程度で推移する。

住友化学【66】

住友化学は売上高2.3兆円、当期純利益1,179億円の国内2位の規模を誇る総合化学メーカーだ。

主な事業は①石油化学部門、 ②エネルギー・機能材料部門、③情報電子化学部門 、④健康・農業関連事業部門、⑤医薬品部門の5部門。

そのうち①石油化学部門の売上高が7,575億円と大半をしめる。

その他②~④の部門も3,000~5,000億程度の売上高を稼ぐなど、事業ポートフォリオのバランスが良い。

事業所は国内11拠点に対し、海外は77拠点と積極的に海外展開を推進している。

管理人
そのため、海外売上収益比率は65%にも達するグローバル企業だ!!

現在同社は、働き方改革に力を入れている(年間有給取得日数は平均14.3日)!

なお、年収は902万円(40.7歳)と業界最高峰レベルだ!!

管理人
事業内容、安定性(バランス)、年間休日、福利厚生も充実しており、ホワイト企業の代表格だ

東レ【66】

東レの売上高は2.4兆円、当期純利益794億円の化学繊維メーカーだ!!

ポリエステル、ナイロン、アクリルという3大繊維を生産し、衣料用の原糸から生地、縫製品まで一貫して展開している。

管理人
ファーストリテイリング(ユニクロ)とも戦略提携を結び、共同開発を行っているのはあまりにも有名だ!!

共同開発によって生まれた代表的な商品は、ヒートテック、エアリズム、ウルトラライトダウンなどの高機能商品があり、ユニクロ躍進の陰に東レあり!!

炭素繊維という日本が世界に誇る先端軽量素材である「炭素繊維」のパイオニアでもありこの分野で4割のシェアを保有する。

年収は720万円(38.1歳)となっているが、社員の平均年齢が30代後半と若い人が多い会社だ。

管理人
化学繊維の分野では東レの存在感は圧倒的で、規模・収益あらゆる観点で別格の超優良企業!!

旭化成【65】

旭化成の売上高は2.1兆円、当期純利益が1475億円の総合化学メーカーだ!!

マテリアル、住宅、ヘルスケアが経営の柱で、売上の割合はマテリアルが54.7%、住宅30.7%、ヘルスケア14.7%となっている。

マテリアル領域は、樹脂などの原料となる基礎化学品、繊維素材、サランラップなどの消費財、バッテリーセパレータや、LSI・センサ製品の電子部品など多種多様だ。

管理人
ちなみに、我々日本人は当たり前のように、よく切れるサランラップを使っているが、欧州などにいくとまぁ質が悪い!!

とにかく、切れない!!びっくりするくらい本当に、切れないのだ(笑)!!

日本のサランラップを海外に持っていくと、その性能に驚かれることが多いが、これはメーカー各社の技術力の高さを象徴する一つの例だ。

ちなみに、旭化成は海外進出にも積極的で売上の40%を海外で稼ぎ出している。

平均年収は787万円(42.3歳)で、30代半ばまでは年功序列のため年収にはあまり差がない。

管理職に昇進した場合は30代後半でも年収1,000万円に到達する。

管理人
成果主義というよりは、年功序列の意識が強いため社内はギスギスしておらず働きやすいのが特徴の会社

富士フイルム【65】

富士フィルムは売上高2.4兆円、当期純利益1,381億円の巨大企業だ!!

この会社は元々はカメラのフィルムを製造していた会社だが、デジカメの台頭によりそれらの市場が完全消滅した。

管理人
そこからの巻き返しが素晴らしく、怒涛のM&Aと新規事業の立ち上げで、現在の地位を確保している

化粧品事業、医薬品事業、再生医療事業が主な事業であるが、元々技術力の高い会社であったため機能性などを追及して市場シェアを確保することができた。

他の会社と比べて少し異色な会社に見えるかもしれないが、非常に安定感のある優良企業である。

新型コロナウイルスの特効薬「アビガン」をグループ会社の富山化学工業が開発したことも話題に!!

安倍首相も「新型コロナウイルスの治療薬として正式に承認するにあたって必要となるプロセスを開始する」と発表した!!

管理人
果たしてこれが世界を救う救世主となるか!?

平均年収は997万円(42.7歳)と記載があるが、ホールディングス年収のため、規模感などを考えると800万円(42歳)が実際の相場だろう。

三井化学【64】

三井化学の売上高は1.5兆円で当期純利益が761億円。

事業セグメントは、自動車、ヘルスケア、フード&パッケージング、基盤素材の4分野。

スマートフォン用のカメラレンズ、半導体製造工程用テープなどの世界シェア1位で、その他にも高いシェアを確保している材料が多数ある。

売上高に占める海外の割合は45%で世界30か国、170拠点に事業展開している。

年収850万円(41.8歳)と利益はいまひとつだが、社員の年収は良い。

管理人
これは住友化学も同じで、やはり財閥系は給料が優遇されている

積水化学、昭和電工、日東電工【64】

積水化学は、売上高が1兆円を超える大企業で、当期純利益も500億円以上で推移しており、経営基盤は非常に安定している。

管理人
特筆すべきは平均年収が業界最高水準の910万円(42.7歳)である点だ

昭和電工は、売上高1兆円で当期純利益1,115億円と前年の335億円から大幅に増加した。この大幅増収が単発ではなく今後も維持できるかがポイントだ。

日東電工は、売上高8,064億円で当期純利益は665億円。業績は非常に安定しており、平均年収は823万円(40.1歳)と業界トップクラスの水準。

【63-62】三菱ガス化学 大陽日酸 東ソー 宇部興産 帝人 DIC JSR クラレ 日立化成 エア・ウォーター

売上高1兆円未満で当期純利益数100億~1,000億円未満の会社がランクインしているが、利益率に難がある会社あり。

管理人
このグループの中では三菱ガス化学、太陽日酸がお勧めだ!!

その他のメーカーについては、次のデータを参照して欲しい。

化学・素材メーカーベスト100社

巻末付録として化学・素材メーカーベスト100社を掲載しておく。

※対象は2019年3月31日時点の上場企業のみ

表の見方

✔売上高が大きければ大きいほど、大企業だと思ってもらってよい。

✔当期純利益は、会社が1年間で得た売上高から必要な全コストを差し引いた最終利益だ。

✔平均年収は42~45歳の年収と思って良い。管理職の場合、20位くらいまでの大手ならプラス200万、それ以下の場合はプラス100万円が目安。

✔平均年収は当期純利益とそれなりに相関性があるが、HD(ホールディング会社)は持ち株会社の年収なので参考まで。

順位 企業名 売上高 当期純利益 平均年収
1 三菱ケミカルHD 3.9兆円 1,695億円 1,737万円
2 富士フイルムHD 2.4兆円 1,381億円 997万円
3 住友化学 2.3兆円 1,179億円 902万円
4 旭化成 2.1兆円 1,475億円 787万円
5 信越化学工業 1.5兆円 3,091億円 855万円
6 三井化学 1.5兆円 761億円 850万円
7 積水化学工業 1.1兆円 660億円 910万円
8 昭和電工 9,921億円 1,115億円 759万円
9 東ソー 8,614億円 781億円 792万円
10 日東電工 8,064億円 665億円 823万円
11 DIC 8,054億円 320億円 783万円
12 エア・ウォーター 8,014億円 264億円 690万円
13 大陽日酸 7,403億円 412億円 841万円
14 宇部興産 7,301億円 324億円 688万円
15 日立化成 6,810億円 287億円 744万円
16 三菱瓦斯化学 6,489億円 550億円 863万円
17 日本ペイントHD 6,276億円 453億円 806万円
18 カネカ 6,210億円 222億円 753万円
19 クラレ 6,029億円 335億円 700万円
20 JSR 4,967億円 311億円 754万円
21 ダイセル 4,648億円 353億円 769万円
22 関西ペイント 4274億円 174億円 825万円
23 デンカ 4,131億円 250億円 705万円
24 日本触媒 3,388億円 238億円 796万円
25 日本ゼオン 3,374億円 184億円 736万円
26 トクヤマ 3,246億円 342億円 713万円
27 ADEKA 2,993億円 170億円 700万円
28 東洋インキSCHD 2,902億円 118億円 729万円
29 ニフコ 2,889億円 207億円 633万円
30 セントラル硝子 2,292億円 75億円 640万円
31 住友ベークライト 2,129億円 150億円 796万円
32 日産化学 2048億円 293億円 795万円
33 アイカ工業 1,913億円 133億円 646万円
34 森六HD 1,895億円 61億円 701万円
35 日油 1,891億円 220億円 775万円
36 ダイキョーニシカワ 1,843億円 104億円 534万円
37 エフピコ 1,811億円 99億円 653万円
38 日本化薬 1,726億円 148億円 746万円
39 大日精化工業 1,703億円 38億円 775万円
40 サカタインクス 1,620億円 46億円 776万円
41 三洋化成工業 1,615億円 53億円 726万円
42 タキロンシーアイ 1,506億円 63億円 707万円
43 高砂香料工業 1,505億円 47億円 783万円
44 東亞合成 1,500億円 127億円 682万円
45 クレハ 1,482億円 139億円 679万円
46 日本曹達 1,456億円 58億円 659万円
47 コニシ 1,341億円 44億円 674万円
48 日本パーカライジング 1,292億円 114億円 783万円
49 ジェイエスピー 1,161億円 43億円 712万円
50 積水化成品工業 1,125億円 31億円 704万円
51 藤森工業 1,122億円 55億円 632万円
52 住友精化 1,096億円 6億円 616万円
53 大阪ソーダ 1,078億円 67億円 670万円
54 石原産業 1,064億円 86億円 666万円
55 東京応化工業 1,052億円 68億円 816万円
56 クミアイ化学工業 1,034億円 67億円 705万円
57 KHネオケム 1,011億円 67億円 775万円
58 リケンテクノス 978億円 30億円 633万円
59 エスケー化研 950億円 77億円 574万円
60 東リ 903億円 13億円 579万円
61 堺化学工業 895億円 36億円 601万円
62 中国塗料 884億円 -7億円 673万円
63 大倉工業 862億円 24億円 516万円
64 アキレス 857億円 3億円 584万円
65 信越ポリマー 854億円 60億円 611万円
66 高圧ガス工業 849億円 34億円 550万円
67 天馬 847億円 22億円 565万円
68 荒川化学工業 795億円 38億円 709万円
69 ハリマ化成グループ 785億円 41億円 746万円
70 大日本塗料 737億円 36億円 600万円
71 積水樹脂 670億円 70億円 615万円
72 日本農薬 632億円 26億円 713万円
73 デクセリアルズ 605億円 22億円 695万円
74 第一工業製薬 595億円 25億円 741万円
75 日本特殊塗料 594億円 27億円 665万円
76 太陽HD 593億円 43億円 783万円
77 旭有機材 560億円 39億円 609万円
78 藤倉化成 552億円 20億円 683万円
79 関東電化工業 552億円 65億円 738万円
80 三光合成 551億円 13億円 476万円
81 カーリットHD 540億円 15億円 626万円
82 タカギセイコー 534億円 10億円 491万円
83 四国化成工業 528億円 53億円 694万円
84 中央化学 522億円 10億円 437万円
85 上村工業 519億円 56億円 751万円
86 パーカーコーポレーション 517億円 27億円 707万円
87 バルカー 512億円 40億円 720万円
88 長谷川香料 504億円 41億円 704万円
89 日華化学 501億円 24億円 571万円
90 T&K TOKA 496億円 6億円 621万円
91 日本カーバイド工業 486億円 18億円 594万円
92 ニチバン 474億円 31億円 676万円
93 テイカ 473億円 40億円 665万円
94 日本ピグメント 459億円 5億円 620万円
95 共和レザー 456億円 14億円 583万円
96 東邦化学工業 452億円 19億円 648万円
97 有沢製作所 447億円 28億円 583万円
98 東京インキ 446億円 10億円 715万円
99 タイガースポリマー 430億円 16億円 613万円
100 レック 421億円 29億円 617万円

出所:有価証券報告書

まとめ

この業界には優良企業が多く、規模が小さくてもその会社にしか製造できないような素材・技術を持つ場合はやはり強い。

業界の将来性は明るく、海外でも積極的に事業展開している。

管理人
年収が飛びぬけて高い訳ではないが、ホワイト体質で年間休日も多く、ワークライフバランスがきちんと担保されているため離職率は低いのが特徴!!

ただし、非常に堅実で真面目な会社が多いため、華々しさはあまりない。

一つの事にじっくり真面目にコツコツと向き合える人には最高の職場だろう!!

最後に、繰り返しになるが、化学・素材メーカーへの内定確率を高めたい人は、以下のエージェントを活用することをお勧めする。

登録・利用は無料!!

管理人
不況で優良求人が消滅する前に、早めに動くことをお勧めする!!

おすすめエージェント

中途採用者
【リクルートエージェント】

新卒採用者
キャリアチケット

スポンサーリンク